「亜人」綾野剛の肉体美、佐藤健の姿かたちが美しい! | 素敵なmono

「亜人」綾野剛の肉体美、佐藤健の姿かたちが美しい!

コミックスの実写映画化作品。
原作は知りませんが、圧倒的なアクション映画に仕上がっていました。
見応えあり。
綾野剛、佐藤健の真骨頂。

見るものを納得させるアクション映画です。

映画【亜人】

 

2017年9月30日公開作品。109分。

原作・・・桜井画門【亜人】「good!アフタヌーン」掲載中
監督・・・本広克行【踊る大捜査線、UDON、サマータイムマシン・ブルース、SP、お金がない!】
脚本・・・瀬古浩司、山線雅大

キャスト紹介

佐藤健・・・永井圭(亜人No3)

綾野剛・・・佐藤(亜人No1)

玉山鉄二・・・戸崎優(亜人研究施設職員)

城田優・・・田中功次(亜人No2)

川栄李奈・・・下村泉(亜人研究施設員、亜人)

浜辺美波・・・永井彗理子(永井の病気の妹)

あらすじ

都会と地球
原作は未読。

予告やフライヤーで観た知識だけで鑑賞。佐藤健が、交通事故に遭遇し再生。亜人と発覚するところから、物語がはじまる。

 

「3例目の亜人」とテレビで報道されている様子と、亜人研究施設での実態の相違が生々しく映し出される。非人道的な扱いに日々苦しめられる永井圭。

 

ミイラのように包帯でぐるぐる巻きにされ、頭にはNO3の文字。保護された亜人は、国家によって隔離され「死なない身体」への人体実験が一日中行われていた。

 

永井の終わりのない苦痛。亜人は、死んでも「リセット」して生き返る特殊な人類。保護の名の元、何度もリセット実験が行われる。

 

リセットするとはいっても、苦痛は同じなのに。

 

永井を苦痛から開放したのは、同じ亜人、佐藤だった。「亜人保護区を要求する」佐藤と名乗る男が「永井」奪還に研究施設に侵入してきた。

 

死なない亜人佐藤は、2例目の田中も施設から奪還逃走していた実績があった。

 

佐藤の猟奇的な奪還行動に、一時は助かったと思った永井も相容れないものを感じる。佐藤と行動を共にせず、恨んでいた施設職員たちと一緒に逃げ出そうと決め、佐藤と対峙する。

 

しかし、佐藤に見つかった職員は全て殺されてしまい、永井はひとりで逃走。佐藤とは決別し山奥に逃げる。佐藤は、政府に対するテロを実行しようと亜人田中と仲間をつのり、犯行声明をネットで配信する。

 

一部始終をネットで知った永井は、妹と山にこもり身をひそめる。

 

自分の今後の行動を決め兼ねてながら、佐藤とはいずれ戦う日が来る日に備え鍛錬していた。佐藤は、東京を亜人自治区にするようにと要求し、殺人テロの実行日を予告。

 

永井は、亜人研究施設に向かい、佐藤と戦う事を提案する。

 

不死身のテロリストとの壮絶な戦いが、始まる。

永井は、最強不死身のテロリスト佐藤を退治するある作戦を提示。佐藤がテロに指名した薬品を奪いに製薬企業を舞台に、一大バトルが繰り広げられる!

壮絶アクション!

アクションが凄まじかった!「永井くーん」「田中くん」と優しく呼ぶ綾野剛が不気味。

 

決して、呼び捨てにはしない。永井くーん、と親しく呼ぶ。それが、じわじわと不気味さを増す。

 

綾野剛は、優しい言葉の中に狂気をしみこませる、凄い。亜人は、「死」を何度も経験する。そして生き返る。

 

リセットという再生。

 

リセットには、凄まじい痛みを伴う。リセット後は、新しい朝だ。目覚めた子供のような顔で「おはよう!」と復活する。

 

復活までの時間は、とても早い。

 

切り取られた腕や細胞も、一瞬で再生する。リセットが再生のスイッチ。リセットすればするほど、亜人は心を無くしていくようだ。

 

佐藤も永井も、田中も無表情。感情に起伏がない。そこが、不気味だ。笑いもせず、怒りもせず、淡々と戦う。

 

その画面は、凍るようだ。

 

生きているという実感が感じられない。アンドロイドとは違う異物感。自分の腕をわざと表情を変えずに切り落としたりする。

 

そして、リセット。

 

リセットすれば新しい自分が再生される。綾野剛さんはこうでなくっちゃ!って、凄いアクションだった。鍛え上げられた肉体は美しい。

 

監督の後日談で、裸で撮影する時は、45分かけて別室で身体を作り上げてきたらしい。

 

湯気の立った筋肉で、本番にのぞむ綾野剛!!

 

凄いなあ。目に浮かぶなあ。綾野さん。確実に一回り以上身体がでデッカクなっていたと思います。その肉体美は、必見です。

 

とても、きれいでした。もちろん、永井くんの佐藤健も負けていない。横顔のアップは、見惚れてしまった。

 

美しい。

 

最強のテロリストと対峙するには、ちょっと線が細い青年に見える。でも、亜人の潜在能力は凄まじいと見せつけるだけのものは備わっていた。全く見劣りしない、戦いだった。

 

そして、忘れてはいけないのは、川榮李奈のもう一人の亜人。そう、公表されていない亜人だった。玉山鉄二を守るためにそばにいるのだ。

 

この二人の物語は、一切語られない。闇がありそうだ。女の亜人は、やはり強い。川榮が戦うのは、亜人No2の城田優。

 

身体の大きさが全然違うのだけど、力は互角だったりする。全然、負けていない。川榮さんの髪型が、似合ってなかったのが残念。

 

原作に寄せてるかなあ。浜辺美波さんは、相変わらず可愛い。中学生くらいにしか見えない。設定がそうだったのかな?

見ているうちに爽快になる

白い拝啓
佐藤がなぜそんなに、政府に苛立つのか?非情に戦うのか?説明はほとんどなかった。でも、強烈な血の涙が語る「痛み」は伝わってきた。

 

本広監督は、さすがだ。

 

ギスギスした画面だけじゃなく、ほっこりとする緩急も散りばめられていた。SATの隊長が「踊る大捜査線」の隊長。

 

あの時のままの格好ででっかい無線機もそのまま登場させたり、テロリストの情報は、テレビのニュースでは無く、ヒカキンのYouTubeからだったり。テロリストもネット配信を使う。

 

ネット配信は、特別なものではない。

 

一般人もネットが主流になっているという世界観を見せる。冒頭、見ているのが辛かった戦闘シーンも終盤には気持ちも目も慣れてきてる。痛みが麻痺してくる。

 

一種のサイコパス状態に同化する。こわい。この物語の行き着く先はどこなんだろう?死なない不死身のテロリストをどうやってやっつけるのか?

 

いつまでも終わらないんじゃないか?って心配になった頃、まさかの白いあの噴射でこっぱみじん。しかし。亜人は、終わらない。

 

ラストカットは見事だった。つづきが見たいと思わせる終わり方。「あゝ、面白かった!」

 

満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください