コウノドリ【第5話感想】「14歳の母」幼い二人とちいさな命の大切さ | 素敵なmono

コウノドリ【第5話感想】「14歳の母」幼い二人とちいさな命の大切さ

親子2

こちらは2015年に放送された時の感想です。
第2シーズンが間もなく始まりますね。第一回目のゲストに志田未来さんが出演されます。
奇しくも同じ年齢での出産を題材にしていました。

最近は、動画配信サブスクが発達して、ネットでドラマや映画を楽しむのが一般化してきました。もうテレビを録画してみる時代は古いのかもしれませんね。

2021年2月追記

こんにちは、monoです。
今回のコウノドリ。
子供を持つ母親として、とても恐れていた内容だった。

今の子供は成長が良くて、初潮を10歳で迎えたりする。
身長も高いし小学生が小学生に見えない。

スマホの普及で子供のネット環境も進歩している。
子供を取り巻く環境は、20年前と比べるとおそろしく変化している。

中学生の出産

今回は中学生同士の妊娠だったが、妊娠の低年齢化はどんどん進んでいると思う。
犯罪に巻き込まれる可能性も増えてきている。
少女の妊娠は、珍しい話ではないのだろうと思う。

コウノドリで扱うテーマは、そうなのだが、
いつ、自分の身に降り掛かって来るかわからない。
とても身近で、わかりやすい。

そして、考えさせられる。

考えなくちゃと思わせる。

それは、真摯に向き合おうとする、ペルソナ総合医療センターの医師や助産師の姿から教えられるのだけど。

今回の中学生の少女は、自分の妊娠に全く気付かず8ヶ月を迎えていた。
貧血で倒れるまで、周囲も気がつかない。

ちょっと痩せていたらわからないのかな?

中学生の女の子がちょっと太ったなあと思うくらいで、
まさか妊娠しているとは思わないのか。

男の子のほうの親が裕福、
女の子のほうが母子家庭って言う設定も、現実味があります。

実際、このシュチュエーション多そうです。

子供なんだからって、親が勝手に話を進めてしまうのも仕方ない気がする。

実際に未成年だし、一人では生きていけないし。

幼い中学生の二人は、話をすることもなく9ヶ月を迎えようとした。

医療センターで、コウノドリが主催となって初めて両家族が揃って話し合いがもたれるのだ。

幼い母と父はおいてけぼりだ。

鴻鳥先生は養護施設で育っていた

乳幼児の検診に来ていた女性から「サクラちゃん、喘息は治ったの?」と声をかけられる。

鴻鳥先生の生い立ちが、さらりと差し込まれる。
乳児院、養護施設、ピアノとの出会い。

その中で、乳児院に預けながら将来自分の手で育てるみちと、養子縁組をするという2つの選択肢の中から、中学生の母はどちらを選ぶのか?が交差して話が進む。

一番大事なことは、生まれてくる赤ちゃんのためにどうするのが一番いいのかを考えること。

生まれてくる子は、養子に出されることになる。

養子縁組を希望する夫婦にも、医療センターの医師たちが対話を持つ。

実際にこのようなことが行われているのだろうか。

NPO活動をされている方たちもたくさんいらっしゃるのでしょう。

医師たちがここまで関わってくれるのだろうか?

医療現場の事は、一般人には計り知れない。

今の周産期医療はここまでしてくれるのか。

幼い父と母

妊娠していると気づいた時のあどけない少女の受け答えから、臨月を迎えるまでの約二ヶ月間。

14歳の少女が母の顔になっていく成長が、穏やかに描かれていて見応えがありました。

山口まゆさん素晴らしいです。

そして、陣痛室の前には中学生の幼い父親の姿があった。
男の子の問いかけに鴻鳥先生は優しい口調で、でも力強く語る。

突き放しているようでもある。

実際、無責任な行動が招いたからの妊娠だ。

痛みは、女性だけなのだから。

「何も出来ないよ。
君は彼女の痛みも苦しみも変わってあげることは出来ない。

まだ、子供を育てる力もない。

だから、しっかりと考えて、生まれてくる命を受け止められるようにならないとね。」

幼い父にも、生きる勇気をもっていて欲しい。

成長して欲しいと言う気持ちがこもってる。

生まれてきた赤ちゃんは、すぐに養父母に引き渡されることになる。

少女の小刻みに震える涙ながらの表情が、胸を締め付ける。

実際の撮影の緊張感とか、赤ちゃんの存在とか、いろいろ訴えかける事が多すぎて圧倒される。

すごいです。

赤ちゃんにとっての一番いい選択のために、6ヶ月の試用期間を経て引き取られていく。
特別養子縁組。

別室に待機していた養父母が、新生児を大事そうに受け取る様子も感慨深い。

生まれてきてくれてありがとう。
産んでくれてありがとう。

みんなが幸せであればいい。

不幸な命の選択はしないで欲しい。

「コウノドリ」は2017年10月〜第2シーズンがスタートします。
下屋先生の成長した姿を魅せてくれるのでは、ないでしょうか。
とても楽しみですね。

赤ちゃん綾野剛「コウノドリ」第2シーズンスタート!キャスト紹介と第1話あらすじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください