「今夜、ロマンス劇場で」綾瀬はるかの美しさきわだつ | 素敵なmono

「今夜、ロマンス劇場で」綾瀬はるかの美しさきわだつ

ノスタルジーと映画への愛があふれるコメディたっぷりのロマンス映画。

いろんなオマージュを感じながら見てほしい。

そして、映画が大好きな少年の気分にひたれます。

綾瀬はるかさんのアクション女優ならではのキレのある傘さばきは、必見です。

冒頭の映画「三獣士」は、笑えます。

「今夜、ロマンス劇場で」

 

2018年2月10日公開
108分

監督 武内英樹
脚本 宇山圭佑

キャスト
綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、北村一輝、中尾明慶、加藤剛、柄本明

「見つけてくれて、ありがとう」

オードリーヘップバーンが大好きな女子は多い。

とても、チャーミングで可愛いから。

そして、とても綺麗だ。

この映画の中の綾瀬はるかは、文句なくとても綺麗だ。

映画監督を夢見る青年が、映画館でひとり古いフィルムを回す。

そんな、映画あったよね!
あれあれ、それそれ!

好きなんだよね。

坂口健太郎と綾瀬はるか。

おてんばなお姫さまと「しもべ」な青年。
なんとしっくりくる配役だろう。最高だ。

「しもべ」
綾瀬はるかの口ぶりも板についてる。

某用心棒のバルサ口調だよねー。

映画の中のお姫さまが、チラッと覗くようなまなざしが、とってもいい!

ファンタジーな展開も、おてんば姫の豪快さもゆるゆる進むお話も「ラストのない脚本」のせいだった。。

ラストはどうなるのか?

いい意味で裏切られ「なるほど!そう言う事か!」と納得する。

そして、涙が止まらない。

物事は、見えている部分と見えていない部分があるのだ。

自分にとって何が大切なのか?

何を守っていくのか?

大切な人を思い浮かべてしまう極上のロマンスです。

いいタイトルだなあ。

「今夜、ロマンス劇場で映画見ませんか?」
久しぶりに見た加藤剛さんは、美しく渋いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください