映画「銀魂−GINTAMA」観てきました!感想は真面目にふざけてます!おもしろかったです!  | 素敵なmono

映画「銀魂−GINTAMA」観てきました!感想は真面目にふざけてます!おもしろかったです! 

紅い傘

こんにちは!monoです。

小栗旬くんが主演してます。
主題歌歌ってます!
「週間少年ジャンプ」で連載中の空知英秋さん原作の漫画作品の実写映画化。

原作未読のmonoですが、冒頭からの寸劇にて、すんなりと世界観に入り込むことが出来ました!
そして、何よりも小栗旬くんの「まーきの!」が聞けますよ!!!

全編ふざけすぎです。
はじめは戸惑いました。
これって笑っていいの?笑っていいんですよね?って隣の知らない人に聞きたくなる。
そんな映画です。

それを思いっきり楽しんだらいいと思います!

ちゃんとメッセージも有りました。

夏休みは、映画館に大笑いしに行きましょう!
漫談を観に行く感覚で、映画を観にいきましょう!

感想・その1キャスト・橋本環奈の神楽が超可愛い

紅い傘
改めて、橋本環奈さんを認識しました。
丁度、「警視庁いきもの係」のドラマも始まっていますし、これからが旬な女優さんなのかな?って思いました。

ドラマが始まるまでは、よくわから無い子供がいるなあ?って思っていました。

神楽ちゃんがあのまんまなんでしょうか?
環奈さんが神楽ちゃんっぽいのでしょうか。

紅い塊が、すばしっこく動く。
くるくると話す、食べる、しゃべる。
とっても可愛いです。

「万事屋・銀ちゃん」の3人は、いい感じのチーム感が出ています。
そこに、桂小太郎も加わって、あ、エリザベスもいましたね。

Q太郎ではなく、エリザベスです。
実写版だとどうしてもゆるキャラ感が出てしまうんですね。
それも全然可愛くない!
ってセリフで散々いじられるという悲劇のエリザベスです。

おまけにころんだときには、黒子のような黒い足が見えました。

辻斬りにあったときに切られて、中身も見えちゃったし。

なんと、中身は!!!!
恐ろしすぎて、言えません。

謎の生命体です。

話を戻して、橋本環奈さんですが、ネットのレビューを見ると。

橋本環奈ちゃんの体型の事を書いているものが目につきます。

monoは、今のままが健康的でいいと思います。

まだ、10代ですからね。
これから引き締まって行くのか、このまま健康美でいくのかを楽しみにしていようと思います。

感想・その2キャスト・桂小太郎の岡田将生の安定感

侍
なんでしょう。
小栗旬と岡田将生のツーショットのなんとも言えない安定感。

「宇宙兄弟」の兄弟感、思い起こせば「花ざかりの君たちへ」でもいい味出してました。

岡田将生がこんなにも知名度も存在感もアップするとは、嬉しいです。

普段から、「俺の舎弟」と呼ぶ。
本当に弟のようにかわいがっているのだと思います。

年は、7歳も違うのだけどそうは見えない二人です。
堂本剛と岡田将生に至っては10歳も違うのに、幼馴染の設定です。
幼少期の10歳ってかなり違います、

同い年くらいの設定のはずです。
画面からも違和感は全くありません。

ビジュアル重視の映像の賜物でしょうね。

桂小太郎にやたらと「ヅラ」って言ってると思って観てたんですが、原作と比べるとかなり控えめだったみたいです。

結構な頻度で出てきてたので、あれ異常やるとうっとおしいです。
一元さんにはあのくらいで丁度良かったと思います。

感想・その3キャスト・菜々緒さんの木島また子は適任

刀
ちょっとずつ解禁していたキャストのビジュアルでも、絶賛されていたのですけど。
菜々緒さんのスタイルの良さと悪女をやらせたら、今の日本ではダントツだと思います。

神楽ちゃんとの対決も随所にあるんですが、二人の対比が可笑しいです。

菜々緒さんをキレイだと改めて思いました。

金髪似合いますね。
顔が小さくて、キュートでした。

何かと言えば「殺す!」のセリフと2丁拳銃をぶっ放す!爽快です。
ぺったんこのお腹が羨ましい。

感想・その4キャスト・やっぱりカメレオン菅田将暉の志村新八

新撰組
何をやらせてもちゃんとしてる。

演じる役の人物になってしまい、菅田将暉を封印する。

どこにも菅田将暉がいなかったし、志村新八だった。
髪型で全くの別人格を作り上げる天才だ。

新八と「死神くん」の悪魔が同一人物だとは思えない。
ましてや、鬼ちゃんなどどこにもいない!すごすぎる・・・。菅田将暉恐るべし。
岡田将生は何をやっても「岡田将生感」が残っている。
キャラクターは違うんだけど、どれも岡田将生だなあと思う。

そこでいてちゃんと成り立たせると言う凄さを持つ。

ふたりともすごい。

菅田将暉のカメレオンなみの演技の幅がすごい 

銀ちゃんと「信長協奏曲」のサブローは、かぶる部分がある。

つまり、銀ちゃんは信長なんだ。
人情に熱い方の信長だ。

とにかく、神楽と新八を守るのが銀ちゃんだ。
宇宙船で戦う武士ってあり得ないけど、ハチャメチャなヒーローが銀魂なんですか?
すみません。

ドシロートが感想を書いちゃってます。
許してください。

ド素人が観るとこんな感じだという見本です。

感想・その5キャスト・早見あかりが思った以上に素敵だった

松蔭
鍛冶屋の兄と妹。

声のデカイ兄と無口な妹。

一心不乱に刀を鍛える。

この二人が酒田銀時に探しものを依頼したところから、物語が動き出すのです。
重要な登場人物です。

原作・アニメファンの方たちの感想を見ると兄者はそっくりそのままらしい。
大声とほとばしるツバの嵐はそのまんまらしい。
素晴らしいらしい。

確かに安田顕は唯一無二のいい役者だよ!

兄の村田鉄矢を安田顕。
妹の鉄子を早見あかり。

この映画は、女性を美しく加工してるのかと思うくらい早見あかりちゃんキレイだった。

色っぽくなったなあ。
鶴瓶さんと「Aスタジオ」していた時は、普通の丸い子と思ってました、ごめんなさい。

いい女優さんになってますね。

安田顕さんの大声ネタは、原作を知らないmonoは違う見方をしてしまいました。

堂本剛くんが、突発性難聴で6月後半から休業しているのは安顕さんの大声のせいじゃないか?と思ってしまいました。

撮影はずっと前にしていたと思うので、全くのあてにならない憶測です。
安田顕さん、ごめんなさい。

KinKi Kidsが20周年を迎える今年は、記念作品も多くて。
いつも以上にKinKiの二人は、露出が増えて疲労が蓄積したのかもしれません。

堂本剛くんは几帳面で頑張りやさんだと思う。
突発性難聴は、回復までに時間がかかります。

ゆっくり養生してください。
映画を観ながら、この部分に違和感を感じてしまいました。
1日でも早い復帰を祈っています。

感想・その6ストーリー

戦艦
人物紹介を兼ねて一同が「カブトムシ」を探すくだりあり。
鍛冶屋の兄と妹の話から、小太郎の辻斬り事件に発展。

真選組と天人。

そして、幼馴染の高杉晋助の登場で「仲間」と「守るべき者」とは何なのか?
小栗旬の銀時がすこぶるカッコイイです。

だって、主役だもんね!

本人が言ってます。
映画の中で、それも冒頭で「だって主役だから!」って。

それを言っちゃうところが、銀魂なんですか?

小栗旬だからですか?

クスって笑えるくらいの実力がついてきて、世間にも認識されて大きくなったなあと感動を覚えました。

「クローズ・ゼロ」で主演したくらいから、認めてもらえるようになった気がします。
懐かしいです。

その時から、エリザベスとは親友ですね。

エリザベスが誰なのかは、劇場でご確認ください。
足は見えましたが、実態は空洞でした。

声も、一瞬だけ。

大画面がいいですよ


映画は映画館で観る。

それは、画面が大きくて迫力が違う。
音響も整っているし、臨場感がある。

何しろ、世間とは遮断された空間で物語を共有する。
劇場内で一体感が生まれる。

一緒に笑いながら観るのは楽しい。

ポップコーンをつまみながら、コーヒーを飲みながら。
気持ちのいい娯楽です。

是非、映画館で観て欲しい作品です。

1人で観るより大勢で観たい映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください