「世界一難しい恋」最終回「いさなみしほ」が戻ってきた! | 素敵なmono

「世界一難しい恋」最終回「いさなみしほ」が戻ってきた!

こんにちは、monoです。
毎週楽しみにしていたドラマが、次々と最終回を迎えていて寂しい限りです。
遂にレイさんとミサさんが仲直りしましたね。
そっと、抱き寄せた後の事。
気になってました。
酔っぱらいのサラリーマンに絡まれて、無言で離れてお辞儀して帰っていったんですって。
2人らしいです。

遂にキス!しちゃったね

大野さんが、連続ドラマでキスシーンは、「NG」なのだとの噂がありましたが、遂に見れました。
零治らしい、ぶつかっちゃった!って感じのキスでしたし、前振りの長いこと。
まるで、中学生のようですよね。

そして、最後まで引っ張っておいて、クライマックスでキスするのかと思いきや、序盤に持ってきてあっという間にキスしちゃったので、びっくりしました。
喜びもつかの間「本当の幸せ」を求めなさい!と舞子さんに叱責されます。
低い山で安心しきっている。
エベレストを目指しなさい!と。
?どこかで聞いたセリフだな。

舞子さんの言う「本当の幸せ」とは。
それは、結婚!
そのためには、「同棲」して、相性を確認するのだと。

やっと仲直りして、デートして、キスもしたのに、その先には進めない。
家から追い出してしまった「悪い記憶のベッド」も捨てたのに。
「同棲」はミサさんに断られました。
「もう少しゆっくり進めていきたい」と。

そうですよね。
ミサさんに賛成です。
いきなり同棲?
娘がそんなこと言ったら反対します。

ミサさんは、なかなか零治の家に来てくれません。
すぐに泊まれと言う零治にも、見ていてうんざりです。
だけどミサさんは、本当にいい娘です。
なんやかんやといいながらも、零治の希望通りにしてあげますから。

世界一難しい恋は誰の恋?

和田元社長が、鮫島ホテルズに来て「結婚式を予約したい」と言ってきた。
鮫島ホテルの新しくオープンするホテルの第一番目に式を上げたいと言うのだ。
元カノを連れて来ていた。
すかさず「俺がするからダメだ!」と断った零治だけど、その時の白浜部長のあまりの動揺ぶりにまひろちゃんが気づいてしまう!
白浜部長の「難しい恋の相手」が、「和田さん」だったと!
三浦くんが言っていた「あのスペックで結婚していないというのは「何かしらの理由」がある」と。

三浦って「だって、わかっちゃうんだもん」と言っていたけど、本当に。
三浦はテキトーがモットー。
でも、テキトーに真実を見ていて、結果オーライな奴、それが三浦。

いつの間にか、社長とも友人のような振る舞いだし、幸蔵さんとは親友らしいから、まさかの鮫島ホテルでも重要な役職につく日が来る?
そうなったら、成ったで面白い。

和田元社長と舞子さんもいい雰囲気だったのに残念です。
舞子さんはこれからも零治を、見守って行くのでしょうか。
これも「難しい恋」なのですかね。
もともと舞子さんは「難しい恋」をしていたから、旅館を辞めて零治の秘書になったのだったっけ。

まひろちゃんはその後、友人関係を築きながら、白浜部長との距離を縮めていくのだけど、それは一年後のはなし。

幸蔵さんと一緒に同居しよう!

三浦と合コンの約束をして、伊豆から零治の会社のジムに来ていた幸蔵さん。
美咲さんにピクルスを持ってきたから、渡したいと言う。
もしやと試しに美咲にメールすると、あんなに家に来るのを拒んでいたのに「これから挨拶に伺いたい」と言ってきた。

「蕎麦を食べさせたい」
「オヤジが風邪を引いたみたいだ」

恋の力はすごいね。
好きがこうじて、嫌いになってしまっている親子関係を好転するんです。
ミサさんが「幸蔵さんをだしに使う」と家に来る事を「確信」した零治。
幸蔵に「同居しよう」と言い出す。

理由はどうあれ、幸蔵は嬉しいし会話もできて良かったね。
どうしようもない零治が「ありがとう」と言えるまでに成長した。

川の字で3人で寝てる姿は、シュールでした。
小堺さんと大野さんだから成り立つけど、絶対嫌だ。

見ていて面白かったけど、
冷静にとんでもない嫌な奴だけど、大野さんは「愛すべき零治」にしてしまった。

言葉では言い表せない「いいところ」のある零治。
舞子さんがずっと味方でいたいと思う零治。
舞子さんの気持ちがいつしか乗り移ってしまっていました。
テレビの前の私達は、みんな舞子さんや石神さんと同じ気持になっていました。

ミサさんは、非の打ち所のない女性で、そんな人が零治を好きになってくれるなんて良かったですね。
上手に尻に敷かれて、この先も幸せにホテル作りしてください。

同居の心得

ちょっとしたスレ違いを、上手の回避していく方法でしたね。
我慢するんじゃなくて、お互いに認め合って、分担しあって。
いい解決法でした。
まあ、あんなふうに言えればケンカも無くなりますよね。
見習いたいです。

もうそんな機会も無いでしょうが。

大野さん、波留さん、小池さん、哲太さん、小瀧くん、富美加ちゃん。
みんな大好きです、
お疲れ様でした。
楽しい3ヶ月をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください