A-studio 朝ドラでブレイク 波留さんおかえりなさい。 | 素敵なmono

A-studio 朝ドラでブレイク 波留さんおかえりなさい。

astudio

こんにちは、monoです。
さすがに「朝ドラでの主演」効果はすごいですね。
いち早く帰ってきた感が、あります。

波留さんがいち早く帰ってきましたね

今、最も乗っている女優さんだと思います。
局が違うので話題ににはならなかったのですが、「世界一難しい恋」のヒロインとして出演中です。

A-studioの第5代目アシスタントです。
鶴瓶さんもとっても嬉しそうでした。
かわいがっていたのだと思います。
森川さんもそうだと言うのですが、物おじしない度胸があるそうです。

画面からも伝わってきますよね。

アシスタントに決まった時に、映像を見たそうなんですが、
鶴瓶さんの好きなよく言う「自然な」演技が「うまいなあ」と思ったそうです。

鶴瓶さんも喜ぶ第5代目アシスタント

プロフィール

波留さんは芸名だそうです。

出身:東京
生年月日:1991年6月17日
身長:164cm
血液型:O型
姉妹:姉
嵐の二宮さんと生年月日おんなじですね。

トランプがシャッフル出来ない

アシスタント時代の映像が、何度が出てきました。
その中でも、要潤さんがトランプを取り出した時に、シャッフルをしようとしたのですが、全然出来ていませんでした。自分で見ても、「出来ていませんね」と笑っていました。

苦手な人、いますよね。
トランプで配る役の人って決まってますよね。
トランプが好きで、上手な人です。
波留さんは、お姉さんがいらっしゃるようですから、あんまり配らなかったんではないでしょうか。

朝ドラ主演までは下積みが長い

朝ドラ「あさが来た」が高視聴率で大人気になった波留さんですが、「あさ」を射止めるまでに3回朝ドラのオーディションを受けていたようです。

2590人から選ばれたんですよね。
すごい人数ですね。
一般人ではなくて芸能事務所の女優さんたちの人数ですものね。
これだけの人たちから選ばれた波留さん。

オーディションで相撲を取るシーンがあったのは、「あさいち」でもお話されていました。
ドラマの中で、「あさ」は様々なシーンで相撲を取るので、重要なポイントだったんでしょう。
NHKでのオーディションで見ていたポイントは、相撲をとっている様子なのですが、どこかに「品」があること。

でも、波留さんは、真剣に相撲で勝とうとしたようです。
勝って受かりたかったと言っていました。
本気で勝ちにいこうとした姿勢に、品があってよかった。

「あさ」は凛とした女性でしたから、波留さんはぴったりでした。

その話を聞いて「朝ドラ」のオーディションってほんとにちゃんと見て決めてるんだと、変なところに関心しました。

選ばれるべき人が、ちゃんと選ばれていたのです。

朝ドラの現場の様子と波留さんの刺繍

「あさが来た」の登場人物は、どの方も人物が際立っていて素敵な人が多かったですね。
五代様のディーン・フジオカさんも人気に火がつきましたが、monoはあさと同じく「新次郎さん」がいいです。
玉木さんは、手先が器用なようです。
姉のはつ役の宮崎葵さんから、刺繍を教わっていた波留さん。
演技の前にしていた刺繍を残して、戻ってくると玉木さんに手を加えられて別の物になっていたり、
自分の何かに刺繍をしたりして遊んでしたそうです。

義理の父親役の近藤正臣さんのオールアップの日に、二人で手作りの巾着を作ったそうです。
刺繍を波留さんがして、巾着に縫ったのは玉木さん。
紐を通す部分は二人でトンカチでガンガンとした、とのこと。

その巾着袋を、近藤さんはたいそう大事にされているご様子でした。
可愛い息子夫婦からのプレゼントですものね。

和気あいあいとした現場の風景が浮かびます。

ドラマからも、仲良さそうな雰囲気は感じました。
毎朝楽しみでした。

A-stadioアシスタントは度胸がある


森川さんからもそんな雰囲気がでていますが、波留さんのアシスタント時代の映像から受ける、
鶴瓶さんへのあしらい方が、見ていて楽しいものでした。
堂々としていて、人の話を聞き逃さない。
おじいちゃんと一緒にいる孫のようですよね。

鶴瓶さんの優しい人柄のおかげでのびのびとしているのだと思いますが。

大阪での撮影期間は10ヶ月

朝ドラは約半年の放映ですが、実際の撮影は10ヶ月にも及ぶんですね。
大変ですね。
それも、江戸時代の大阪言葉。
東京育ちの波留さんは、言葉の壁とも戦ったのですからさぞかし辛かったでしょうね。

同じ役を毎日10ヶ月間、一日中。

放映が始まる前には「辞めたい」と母親にLINEしていたそうです。

母は、「浮かれない人」という。

芸能に浮かれないって意味でしょうね。

子役の親とか、浮かれて自分を見失う人も居るようですから、大事ですよね。

自分の娘が芸能人だったら、なんてことは考えたこともありませんが。

私もちょっとは、浮かれちゃうかな。

波留さんのお母さんは、とてもお綺麗な方のようです。
同級生の保護者にも、とても人気があるようです。

そのお母さんは、「やめていい」と言ったそうです。
でも、今の仕事が終わってから。

その後の仕事の事も具体的に考えていたそうなので、今は、女優の仕事を続けていられるようで良かったです。
辞めたいと言うLINEは、一度だけだったみたいです。

「辞めていい」と言われると気持ちが軽くなるのかな。
そういう時に「頑張りなさい」と言っちゃうと疲れちゃうんだろう。

当時を思い出して、波留さんは涙ぐんでいましたので、相当辛かったんだと思います。

念願の朝ドラです。
大役です。

でも、辞めたいって思う。
本当に大変なんだろう。
キラキラした別世界で生きている人達の苦労は、想像すら出来ないけど。

毎日見ていた波留さんを、親戚の人のような親しみを感じている日本国民は多いと思います。

吉高さんも休養中ですし、(6月から舞台の稽古に入るそうですが)大きな仕事を終えての、これからも大変そうだけど、波留さんは根性あるそうですから大丈夫ですよね。

大阪からの荷解きも出来ないまま、東京で次の仕事をこなしている様子です。

荷解きは母に頼んだそうで、届いた荷物から大阪での暮らしぶりが見えると言われたと言っていました。
ほそぼそと暮らしていたのだと。
調理道具もそんなに無かったのかな。
想像です。

実家に預けたままの犬が3匹

お泊りの仕事の時に預かってもらったら、実家の他の犬達と仲良くなってしまって、引き離すのは可哀想と母親が言うのでそのままになっているそうです。
実家にはもともと2匹のワンちゃんが居るようですよ。

お母さんは、毎日5匹の散歩しているので、近所でも有名だそうです。
近々1匹を連れて帰るとのこと。
実家にもよく帰っているのですね。

鶴瓶さんの言葉

冒頭でも言っていたのですが、元アシスタントが成長してスターとしてゲストで迎えることにとても喜びを感じている。俺が嬉しいと。
ここには、スターがたくさん来ます。

これから、スターになるだろうと言う人もきます。
ここで、アシスタントとしてここで育った人間を、スターとして戻ってくる事、迎え入れる事が、幸せだ。

成長した姿を見れて、これからが楽しみです。

波留は、根性がある。
上を見ている、これから本物の大スターになっていく姿を見せてくれるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください