「世界一難しい恋」第7話感想・歴代1位のキスをプレゼントするぞ!問題のベッドシーンは? | 素敵なmono

「世界一難しい恋」第7話感想・歴代1位のキスをプレゼントするぞ!問題のベッドシーンは?

森1

こんにちは、monoです。

待ってた第7話です。

リーダーファンの皆様、さぞかしヤキモキしてらっしゃったと思います。
期待どおりの展開だったのではないでしょうか。

「世界一難しい恋」第7話

「ベッドシーンがある」と自らのたまった大野さん。
おかげでネット上でかなりの噂になっていました。

あの鮫島零治が、そう簡単にスムーズにベッドシーンにいけるはずありませんよ。

今から会ってくれるのか?

森1
電話で仲直りを下見先と零治
会いたいと言う言葉を使わずに、会いたいと言う零治に「逢いましょうか?」という美咲はいいよね。

そして、夜に彼氏の家に行く。
それは、女性としても一応の覚悟を持っている。

で。
「何もしなかった」
いやー。
考えたら、わかりますとも。
だいたい、ホテル協会のパーティの時だって、怒って帰ろうとする美咲の腕を捕まえることすら出来なかった人ですから、キスなんて出来るはずないですよね。

電話で仲直りして、いい感じの2人。
いさなみご夫婦のイラストを寝室に貼ったりして、可愛いです。
一緒にいて、幸せそうなんで、見ているこちらがついニヤけてしまいます。

美咲さんのお祖父様のお話も出ましたね。
湯浅五助も、ホテルの仕事もおじいちゃんの影響だと。

零治も父親の影響かと聞かれて「いや、どちらかと言うと反発心だ」

父と息子は、確執がありそうです。

三浦家康のナレーション

森3
今回のナレーションは三浦くんでした。
「まひろちゃんが好きだ。」で始まり、勘違いで頑張っちゃうところや、彼のおかげで社員がみんな、社長の恋心に気付いていると言う〈わかりやすいです)オチでした。

まひろちゃんは憧れの白浜部長と、飲みの約束して進展していそうです。
軽い恋愛は、仕事に張りが出ますから、良いですね。

それを「社内恋愛禁止」とか横暴です。

すぐに打ち消すところも、零治っぽいです。

舞子も和田といい雰囲気になってます。
悩みながらも零治に許可ももらえて、和田と付き合うことになりそうですが。

歴代1位のキス

森と波
彼氏との初めてのキス。
どこでキスして欲しいか?のアンケート。
1位、夜景のきれいな観覧車
2位、
3位、彼氏の家

美咲を家に泊めたことで満足している零治に、舞子が「キスのひとつもすれば良かった」とキスの場所のアンケートを見せられる。

夜景の綺麗な夜の観覧車に乗ってみても駄目だし、二回目のお泊りでも何も出来ない。

次々と試練が訪れますね。

ついには、ベッドに細工して転がってキスするという奇想天外な発想で、石神と合宿までする。

恋をするって大変だ。

隣で眠っている姿を見るだけで「十分満足なんだ」「十分幸せなんだ」
そのまま、言ってあげればいいのに。
素直な気持ちが、素敵だと思うのにな。
美咲にも伝わると思います。

何かをしなくちゃと頑張るところが、可愛いくていじらしいけど、どうも空回しです。

クビだ!

窓
ベッドの細工も完成して、シュミレーションも完璧。

そして、美咲の3回めのお泊りの日。
舞子さんも和田社長とデートです。

美咲も自分に魅力がないのか?って不安になって、自分からしちゃえ!のまひろアドバイスを実践しようとしていたのに、ベッドの細工に呆れて言い合いになってしまう。

「そんなことをするより、他にすること有るんじゃないですか!」
「器の小さい人だったなんて、器の大きい人だと勘違いしていた」
「大人の余裕だと思っていた」

ああ、バレちゃった。
そうなんです。
器のコンパクトな人なんですよ。

でもね、頑張って成長したんです。
美咲さんを好きになって、変わったんです。

美咲さんは、知らないと思いますが。
零治なりにそれはそれは頑張ったんです。

でも、コンパクトな零治はついに言っちゃいました。

「こんなに気の強い女は初めてだ!」

「クビだ!」まさかの三角関係?

そして、舞子さんの衝撃の告白。

和田社長とホテルの部屋で。

「零治さんを守る味方が誰もいなくなる」から「お付き合い出来ません」
鮫島社長の「いいところは、なかなか理解されませんが」(鮫島社長が)「大好きです」

舞子さんいい顔してた。
艶っぽくて真っ直ぐで。

ここに来て、美咲と舞子とのまさかの三角関係です!
舞子さんが、零治を大好きですって!!

「世界一難しい恋」って
誰と誰の恋なの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください