ドラマ「重版出来!」第9話感想「ピーヴ遷移」連載決定!?「ツノひめさま」終了危機 | 素敵なmono

ドラマ「重版出来!」第9話感想「ピーヴ遷移」連載決定!?「ツノひめさま」終了危機

こんにちは、monoです。
毎回感動を届けてくれる「重版出来!」ですが、残り2話となりました。
最終回まで、目が離せません。
そして、毎回楽しみなのが、本当の漫画家さんたちの描くドラマの中のマンガたちです。
毎回、「読みたい!」と思わせる漫画が、次々と登場します。
マンガっていいですよね。
今回は、五百旗頭さんの編集者としての人生観にも、感動しました。
いつものように冷静沈着な、五百旗頭さんとは違った面が見れました。

「全然伝わってない!」と叫んでみたり。
「好きです!」と言ってみたり。
うろたえる五百旗頭さんが、可愛い。

「ヒッチポッチ」と五百旗頭さん

またまた、心と小泉くんの微笑ましいトークから始まる、「今人気のマンガは?」話。
今回はエンペラーの「ヒッチポッチ」
もともと「ヒッチポッチ」は、五百旗頭さんが見つけて、バイブスで連載寸前までにこぎつけていたというのだ。
当時、和田編集長の前の編集長が、異動してきた直後に連載決定の「ヒッチポッチ」を駄目だ!と取りやめにしたのだ。
五百旗頭さんは、「ヒッチポッチ」の企画ごと「エンペラー」に送り出したのだという。
「ヒッチポッチ」の良さを誰よりもわかっていたので、苦渋の決断で送り出していたのだ。
今の「ヒッチポッチ」のヒットは、五百旗頭さんの先見の目を物語っているのだと心は、尊敬の眼差しで語る。

才能を潰さず、潔く送り出した五百旗頭の事を、心は心底「かっこいい」と思っているのだ。

「ヒッチポッチ」担当編集者は「エンペラー」の副編集長のケンボウだ。
ケンボウが言うには、作者は五百旗頭のことを違ったように思っているようなのだ。
それは「裏切られた、捨てられた」と思っているというのだ。

五百旗頭は良かれと思ってした行動が、「全然伝わってない!」ことを知って愕然として、思わず道で叫んじゃう。
すぐに冷静になってましたけど。

思いは伝えないと駄目だ。
好きな物を「好き」と言わなければ伝わらない。

中田伯の過去

三蔵山先生の奥様にだけ、心を開かない。
その訳は、幼少期の生い立ちに有る。
両親に、母親に辛くあたられたようだ。
鎖で繋がれていたようだ。
支配されていたと感じている。

「ピーヴ」それは、恐怖。
「ピーヴ遷移」恐怖と支配の物語。
「怖い」と思う心に襲いかかる「ピーヴ」
恐怖を支配しようとする。
弱くて小さな主人公が、自分の仲の恐怖と戦って自由になろうとする物語。
弱い主人公が、必死で戦う姿に勇気と希望を与える。

中田が主人公以外のキャラクターの描き分けに、最後まで悩んでいた少女。
興都館に座談会に来ていた後田アユに、イメージが湧いて一気にストーリーが進んでいく。

いろんな登場人物、それぞれのキャラクターが素敵です。

アユちゃんが、マンガ家さんは「人気が出ても驕らず「貯金」してください」と言うまっすぐな瞳が綺麗だ。

そして、中田さんの絵が、上手になっていた。

永山絢斗さん、すごい。
引き込まれる。

面白いです。
重版出来!

最終回が楽しみであり、残念であり。
終わってほしくないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください