「99.9」【第7話感想】今回のポイントは「近く花瓶が味覚過敏」ダジャレ満載「どぅ湯のみー?」 | 素敵なmono

「99.9」【第7話感想】今回のポイントは「近く花瓶が味覚過敏」ダジャレ満載「どぅ湯のみー?」

99.9

こんにちは、monoです。

松潤の「本日のオヤジギャグ」はなんでしょうか。
今回の小ネタも満載でした。いくつ探せるか?も楽しみのひとつです。

松潤主演「99.9」第7話

いきなり印籠が、出てきましたね。

社長の大和田伸也さんは、「水戸黄門」の渥美格之進さんですから。
さすがはTBSさんですね。歴代のドラマをオマージュするのでしょうか。

今回は、重版出来とのコラボもありました。
漫画家さんの桂先生と三蔵山先生のアシスタント役の棚橋さんも登場しました。

「俺達の事実」

バレーボール

回を追うごとに、佐田先生が深山よりになっていっていて可笑しい。
同じ事務所のライバル視している、企業弁護士の志賀に「俺たちは事実を検証しているのだ」と言うところなんかおちゃめだ。

今回の殺人事件が載っている新聞の記事の横に、2話の居酒屋の店長の実刑判決が大きく載ってました。
無事に裁判が終了したんですね。

事件の社長の会社「オロゴンボビー社」は、松潤がいつもモノマネをするボビーからとったのでしょうか?

佐田先生は馬だけじゃなく、武豊も好きなんですね。

馬のフィギュアが壊れる⇒直す
からの
花瓶の復元に至る流れとかもスムーズでしたね。

いつもどおり、トリックとかネタバレとかはとても簡単ですが、
いろんな人の協力で一つの事件を解決していくところは、面白いと思います。

痛っ「近く花瓶」「味覚過敏」

月見草花束
オロゴンボビー社の社長が殺害された。
自宅の寝室で後頭部を殴打されて死亡。
凶器は会社創立記念品の花瓶。
全社員に配られたものだ。

凶器の花瓶に西岡専務の指紋が付いていた事から、犯人として逮捕された。
娘が事件当日、自宅居たと証言しているにもかかわらず。

西岡専務は、無罪を主張している。

第一発見者は、副社長の息子だ。

でも、現場の様子って本当に疑問だらけですよね。
深山じゃなくても分かりそうだけど。

深山の洞察力はすごいと思います。
あらゆる角度から、フラットな状態で物事を見る事が出来る。

そして、実際に検証する。

花瓶で頭を叩く。
明石さんは慣れた様子で、ヘルメットで武装して首にもプロテクターしてる。
すごいですよね、10年そうやってきたんだもの。

頭を叩いたくらいじゃ、花瓶は割れない。
落としたら、割れた。
けど、事件現場のような割れ方はしない。

侵入経路もおかしい。

外から侵入したのに、足跡が残っていない。
ガラスが、粉々に飛び散っているところをどうやって歩いたのか?

検事さん。
おかしいと思わなったの?
不思議だな。毎回毎回。

粉々になった花瓶を復元すると、指紋が付いていた花瓶のかけらが余る。

「どー湯のみ?」

バラ枚方
西岡専務は、亡くなった奥さんがアレンジメントフラワー好きだったため、花を趣味にしていた。
オフィスにも花がいけられていた。

沢山の花瓶の中に、一つだけ花に生気の無い花瓶がある。
記念品の花瓶だ。

「いとこんち」で見た光景。
花瓶に炭酸水をいれると、花が長持ちする裏ワザ。

深山は、専務の部屋の花瓶の水を検証する。

炭酸水が入っていない花瓶。
花瓶の水を飲むのは、衛生上良くないです。

湯のみのダジャレを言うために飲んだのかしら?
佐田が、ウケてたのでいいかな。
立花彩乃の点数は「7点」だけどね。

刑事事件ルームのメンバーが仲良くなっている様子は、とっても良いと思います。

最後、刑事が深山を逮捕しに来てましたが、そんな時でも、顔色一つ変えない深山が変だ。
わかっていたのか?

弁護士は、危険がつきまとうのかもしれない。
深山の弁護を佐田がするの?

どうなるのでしょう。
あと何話あるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください