松本潤主演「99.9」刑事専門弁護士!事実はひとつ | 素敵なmono

松本潤主演「99.9」刑事専門弁護士!事実はひとつ

裁判所

こちらは2016年放送のシーズン1の感想です。
小ネタにオヤジギャグなど、人気のシリーズになりました。

パラリーガルの「明石行きまーす!」や土下座ならぬ土下寝など、楽しいドラマでした。
シーズン2では、元裁判官の弁護士として木村文乃さんを迎えて裁判官と弁護士との確執についても描かれました。
榮倉奈々さんも最終回に登場するなど、お祭り騒ぎのシーズン2最終回でした。

2016年4月17日スタート松潤が若手弁護士

こんにちはmonoです。
この春、楽しみにしているドラマの一つがこれ、「99.9」ー刑事専門弁護士ーです。
刑事専門弁護士が逆転不可能な事件に挑む痛快リーガルドラマだそうです。

松潤はいろんな職業を演じてきましたが、弁護士は初めてですよね。

ショコラティエ、探偵、イタリアンシェフ、売れない俳優、そして御曹司。
素顔の松潤は知りようもありませんが、画面を通してみる松潤は、不器用な頑張り屋さん。

きっと、かっこ良く弁護士を見せてくれることでしょう。
初回視聴率15,5%の好発進です。
さすがですね。

キャスト紹介

刑事専門弁護士

深山大翔・・・松本潤(弁護士)
立花彩乃・・・榮倉奈々(弁護士)
佐田篤弘・・・香川照之(刑事事件チーム室長)
明石達也・・・片桐仁(パラリーガル)

斑目春彦・・・岸部一徳(法律事務所所長)

検事
大友週一・・・奥田瑛二(検事正)
丸川貴久・・・青木崇高(検察官)

第一話

始まりましたね。
松潤の弁護士さん。
なんか、ちょっとKYなひょろっとした奴ですね。
一癖ありありで面白そうです。
聞き耳立ててる様子が変です。

お金にならない刑事事件ばかりを扱う弁護士、深山(松本)。
斑目法律事務所からヘッドハンティングを受ける。
契約金3千万を断って一人で弁護活動をしたいという変人。
だが、長年一緒にパートナーを組んでいるパラリーガル(片桐)の強力な後押しで斑目法律事務所の一員になる。

深山は、斑目法律事務所に新設される刑事事件専門チームで働くことになった。
室長は佐田(香川)だ。もう一人の弁護士が立花(栄倉)。
室長ではあるが佐田は刑事事件には興味が無かった。
興味が有るのは、地位と名誉。
深山とは正反対の弁護士だ。
室長を引き受けたのも、一年だけという約束。
更に一年後には共同経営の約束を取り付けたからだ。

そんな中、殺人事件の容疑者(赤井)の弁護を引き受けることになる。

佐田は、深山に事件を任せて高みの見物を決め込んだ。
しかし、深山に振り回されていくことになる。

殺人事件の容疑者がゲスト


第一回目の容疑者は赤井英和さんです。
赤木運送の社長。
取引先の社長の殺害容疑がかけられていた。

早速接見に向かう深山。

接見での様子は、ノートにびっしりと生い立ちから聞き出す。

事件の様子に入るまでに、被弁護人の人となりを知るためだと言う。
なんかやっぱり変わり者です。

いちいち聞き耳、本当に耳を引っ張って聞いてる。

ちょっと弱々しい感じを出すために、あの髪型なんでしょうか。

物語は、事件のあらましから問題点を探しだして、検証を重ねる。

今回は、防犯カメラの映像。
全く顔が写っていないのです。
どうすればそうやって映るのか?
カメラの位置を知り尽くし、何度も練習しないと無理だと言う検証をする。

被害者の妻の目撃証言にも違和感が。

一つ一つ検証を重ねていく。

真実は人それぞれにあるので、100通りあったとしても、事実は一つ。
有罪か無罪かが重要ではなくて、事実が知りたいんです。

室長の佐田を今後、見方につけていくことが出来るのか。

検事正の奥田と過去に何かありそうです。

裁判の様子も見応えありです。

大野くんのドラマとは真逆のリーガルドラマですね。

栄倉奈々ちゃんの力の強いプロレス大好き女子のエピソードも、どう絡んでくるのかも楽しみですね。

考えを整理するために、料理すると言う変わった趣味を持つ深山。

松潤の料理男子ぶりは、今までさんざん見てきましたが

楽しみが増えますね。

一話完結の事件解決の爽快感も味わえて、他にも盛り沢山な伏線ありで
毎週観たくなります。

次回のゲストはちらっと見たところ、風間俊介くんのようでした。

稲垣さんの次に殺人犯の似合うジャニーズですよ。

次回も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください