「CRiSiS」第1話感想!公安機動捜査隊特捜班チームが意外とゆるい感じでギャップが魅力 | 素敵なmono

「CRiSiS」第1話感想!公安機動捜査隊特捜班チームが意外とゆるい感じでギャップが魅力

クライシス

こんにちは、monoです。

いよいよ始まりました。
規格外のスケールとアクションが売り物のドラマ「CRiSiS」公安機動捜査隊特捜班。

新幹線でのテロを阻止したり、爆弾を首に巻きつけられた青年を保護したりと
緊迫の事件が次々と起こります!

いやーかっこよかったですね。

1話の視聴率は、関西で18.4% 関東で13.9%と好調な滑り出しです。
見逃し配信は、FODで見れます!

monoが、ハッとしたシーンは陸橋から川に飛び込むシーンです!

「CRiSiS」第1話

思っていたよりも、軽いタッチの特捜班だなあと思いました。
「SP」もお笑い系と無表情系でしたが、
「CRiSiS」は、よりリラックスしてますね。

稲見と田丸はシリアスでお互いをライバル視しているのかな?と思ってたのですが、
年齢も違うし、性格も正反対っぽくて、良い相棒って感じですね。

今回のドラマは、西島さんと小栗さんのダブル主演なのだとmonoは勝手に思っているのですが、
稲見は、軽くて女好き、自分流に上手に遊ぶ感じ。

反対に田丸は女性に、一途そうですね。
まだ、田丸と林の妻とのからみが出てきていないので、もう少し先のお楽しみですね。

紅一点の大山玲も、ツンとすましているのかと思ってたら、
そうでもなくて、可愛いです。
愛嬌がある感じです。

全体的にバランスが取れている気がします。
班長も知的で切れ者って感じです。

「SP」は岡田くんが浮いてる感じだったから、「CRiSiS」のほうがいい感じだと思いますよ。

共感力を持つ変わり者の樫井が、一番の曲者っぽいです。
無表情で、たんたんと業務をこなす職人です。
嗅覚が鋭いって、捜査にはとっても重要な役割です。

キャスト紹介はこちらをどうぞ
主題歌は、ハイトーンボイスのBeverlyさんです。

事件その一

テロ事件が起こりそうだとの情報が、潜入捜査の協力者、林(眞島)から入る。

新幹線に乗り込もうとしている、大臣がターゲットだ。
新幹線でテロが起こると一大事。

警備局長は、「特捜班」の発動を司令する。
腕試し的な警備局長の発言に違和感を覚える総務課長。

この二人の関係性も、今後波瀾がありそうな予感。

総務課長は、何か企てていそうな気がする。
もしくは、警備局長にも隠されたものをもっているとか?

第1話の犯罪は、爆弾

新幹線の中で爆発したら、けが人が大勢出る。
そもそも犯人を見つけ、爆発を阻止することが出来るのか?

限られた時間の中で、限られた情報をもとに操作する緊迫感は面白いと思います。

確かに「SP」感、「MOZU」感が強いのは、出演者や脚本、原案が一緒なので仕方ない気もする。

格闘シーンは、さすがの迫力だし、
田丸は渋く、稲見は元気がいい。

二人のコンビネーションも見どころだなあと思います。

新幹線の中に爆弾犯が、一人という情報だったのだが、
はじめに捕まえた犯人の様子から、もう一人いると判断したり、
犯人の確定方法に携帯電話をつかってあぶり出す。

稲見の見せ場がたくさん!
スマホの地図を事前に確認。
新幹線の走行場所を頭に入れておき川の真上に、
緊急停車させたり、爆弾ごと川にダイブする。

カメラアングルと、撮影が映画のようなフィルターがかかっていて
ドキュメンタリータッチの映像で、リアルな迫力になっている。

陸橋から川にダイブするところは、自分が飛び込んだみたいに、
ひゅーっとなった。

特捜班は、5人で行動を常にするのだろう。

チームワークが、今後のカギになるんだろうな、と思わせる。

ゆるい感じだけど、信頼しあってるようにも感じます。

第二の事件

オフィスの中庭のようなテラスに、首に爆弾をはめられた男が現れる。

男は外務大臣の息子。

自分の悪行を父である大臣の恩恵で、数々の犯罪も逮捕されることも無く過ごしてきた。
息子の罪の隠蔽の謝罪を、夜のニュース番組での公開謝罪を要求してきたのだ。

タイムリミットは夜の7時。

大臣が謝罪しなければ、首につけられた爆弾は、爆発するという犯行声明だ。

捜査員のもとに、特捜班も加わり、犯人特定を急ぐ。

大臣の息子の悪行は多過ぎて、犯人特定な困難だった。

稲見の「なぜこの場所なんだ?」から、大臣の過去の犯罪を洗い直し、
浮上した被害者の関係者が、判明する。

大臣の息子の犯罪は、卑劣きわまりないにもかかわらず
罪を逃れ続けてきたことに、反感を抱きながら、犯人を追い詰める。

どちらが、卑劣かと言うと、大臣の息子のほうだ。

必ずしも、犯人逮捕がスキッとする結末でないことが、あるのかもしれない。

人を憎まず、罪を憎む。

そんな事件が、これからも起こるのかな。

毎週、一話完結のスピード感満載!
のアクションたっぷり!
手に汗握る、ハラハラするストーリーを楽しみにしていよう。

来週も、西島さんと小栗さんが、素敵なアクションを魅せてくれるのかな。

monoは、早く石田ゆり子さんに会いたい!
アラフォーの星です。
年を重ねても美しくいる人って良いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください