「CRiSiS」公安機動捜査隊特捜班 第2話 感想とあらすじ!国家の危機と政府の闇 | 素敵なmono

「CRiSiS」公安機動捜査隊特捜班 第2話 感想とあらすじ!国家の危機と政府の闇

クライシス

こんにちは、monoです。

小栗さんと西島さんがキレの有るアクションを披露するドラマ「CRiSiS」第2話。

今度の事件は、毒薬です。
いよいよ、田丸さんと林さんのツーショットが見れますよ。

美男美女は、見ていてもいいよね。
憧れます。

こんなふうな関わりのし合える関係は、良いのかもしれない。

主要キャスト紹介はこちら
主題歌を歌うのはBeverlyさんです!Beverlyさんについてはこちら
第1話感想はこちら

第2話

第2話のあらすじを簡単に。

田丸が外事警察時代から、懇意にしているフリージャーナリストから連絡が入り、
田丸は、会う約束をする。

話の内容は「国家の危機」に関することだというのだ。

しかし、田丸の目の前でジャーナリストは毒殺されてしまう。
絶命する前に残した「アリス」という言葉。

ジャーナリストは、命の危険を感じていた様子で、
前もって田丸に一枚の写真を送っていた。

その写真は、普通の一軒家。

一軒家とアリスとの関係は?

国家の危機とは何なのか?

田丸と潮見が、ジャーナリストの自宅を捜索しに行くと、侵入者が何かを物色していた。
田丸との激しい攻防も虚しく、取り逃がす。

侵入者は、プロの殺し屋。

ジャーナリストの死因を隠蔽しようとする政府関係者。

今回の事件には政府が絡んできて、闇が深そうです。

第2話ゲストは石黒賢さん

政府関係者で、石黒賢さんが出演されるようです。

石黒さんは、悪役でもどっちでもいい感じにドラマを盛り立ててくれます。

石黒さんは、ほんのちょっとしか出てきませんでしたね。
セリフもほとんどなし。

この先、出てくることがあるのか?
もわかりませんが、

若くして、官房長官に任命されたとのことなので、
政府の要人ですから、出番は今後ありそうですね。

ドラマなので、実際とは違うと思いたいところですが、どうなんでしょう。

一軒家の謎

一軒家は「お店」でした。
一軒家のお店に勤務する二人の少女。

数日前に、救急車で搬送された少女の呼び名が「アリス」

フリージャーナリストが、掴んだ情報は「政府の要人たちの嗜好」でした。

少女と政府の要人とのセッティングをする場所が、一軒家。

「政府の危機」と表現されたその嗜好は、
少女に乱暴するものもいて、アリスは、意識不明の状態で入院してしまった。

稲見も、田丸も心に傷を持ちながら、戦う。

稲見は、少女の病室で殺し屋を阻止する。
田丸は、警備局長に直談判する。

公安の把握する「お店」は他にも10数件あるという。
今は、監視するだけだ。

野放しにしているのではない、監視していると言う。
田丸の大切な情報元を、政府の要人が亡き者にしているのだ。

そんな状態を知りながら野放しにしているのだ。
田丸は、怒りを押さえながら、その「腐ったシステム」を変えてみせると言った。

田丸の泣きそうな背中と石田ゆり子と寄り添う距離感、切ないなぁ。

潮見と田丸の事件に対するアプローチの違いはあれど、同じ方向を向いているチーム感が、ほっとする。

いつか、本当に腐ったシステムを変えてくれるような気がします。

平成維新軍と潮見の過去

潮見の過去の衝撃映像と1話の黒幕の「平成維新軍」
関係があるのか、ないのか、今のところは全くわかりませんが、
今後のストーリーの重要なキーワードになりそうです。

平成維新軍って?

何かを正そうとしているのだろうね。
1話でも、大臣の息子の悪行を隠蔽した罪を暴こうとしていたし。

でも、その方法は正しくない。

自分たちが正しいと思っていても、自己満足だ。

自分を正当化する犯罪者は、たちが悪い。

本当の犯罪者は誰なんだろう。

テロと戦うのでもないのかしら?

2話では、平成維新軍は出てこなかったけど、
政府の危機と平成維新軍が、対峙することになるのかもしれない。

その時は、公安機動捜査隊はどっちにつくの?

政府を守る方なんでろうか。

心を閉じ込めながら、政府をまもるのかな。

2話感想まとめ

田丸が、信頼するフリージャーナリストが、急性心筋梗塞で亡くなった事になってしまった。
本当は、毒物を注射されて、中毒死だったのに。

死因を隠蔽された事件は、現実にも多いのかもしれない。
知らないだけで。

知らないほうが良いことって、あるのかも知れない。

そんな気がして、悲しくなる2話だった。

一話完結のストーリーだけど、
大きな流れでは、ストーリーが交差していくのだろう。

相変わらず、小栗さんも西島さんもハードなアクションシーンが満載です。

2話では、トレーニング中の映像も使われていて、
撮影待ちのシーンかと思うような風景もありました。

公安機動捜査隊のチームは、班長の鋭い指示が、カッコイイなと思います。

「リーダーが優秀なら、仕事は素晴らしい」
そんな清々しさが、ある。

清々しいだけのドラマでもない、暗い影がうごめく「CRiSiS」の次回は、
平成維新軍との戦い!

次回、再度登場、平成維新軍は、
贈収賄事件に関与した議員を射殺してしまいます。

平成維震軍の正体が、あきらかになりそうです!
潮見の過去も関係してくるかな?

奥が深い。
ちょっと悲しい。

来週も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください