YouTubeで再認識「嵐のすごいところ」ダンス編 | 素敵なmono

YouTubeで再認識「嵐のすごいところ」ダンス編

嵐が2019年11月3日に発表し、拡散し続けたSNS

YouTube、ティック・トック、Twitter、Instagram、Weibo、そして、デジタル配信されつづけた音楽

知っていたけど、ほとんど利用していなかったインターネットサービスだった。

毎日のように配信される写真や動画に一喜一憂した。

楽しかった。

そして、今は毎日利用するようになっている。そして、さまざまな新たな出会いがあった。嵐がすべてのきっかけだ。ありがとう。

嵐のすごさは知っているつもりだった

 

嵐のオフィシャルチャンネルは、2020年12月31日以降更新されていない。12月31日の生配信ライブにむけての「準備だ!TV」が最後だった。

嵐がYouTubeでシングルの「MV」や「ライブ映像」を無料配信したことにより、広く嵐の映像がみられるようになった。改めて嵐の映像に触れた人々の反響の大きさを知った。

特にリーダー大野さんの歌やダンスや役者としてのパフォーマンスの高さをその道のプロの方々が、熱心に解説をするようになっていた。

はじめは「そんなの知ってるよ〜」って思いながらも嬉しさでいっぱになった。

私達ファンが、ずっと見てきた「嵐」の「いままでの姿」をYouTubeで初めてみただろう人々に共感してもらえる。

「そうでしょ!すごいのよ!私達の嵐は」という誇らしい気持ちだ。

好きだから、親の欲目でよく見えていたのではなく、本当にすごいのだ!と褒めてもらってるようで楽しくて、嬉しかった。

好きでみていたものが、プロ目線で解説されると少し見方が変わってくる。再確認するために「ライブ映像」や「PV」を見返したりするようになっていった。

だけど未だに「5×20」のDVDは封を開けたものの見ていない。気持ちの整理がまだついていない。のびのびになって、とうとう2021年だ。少しの勇気が足りない。もう一息。

ダンス動画の人は、雑誌で連載までするようになっているし、YouTubeでの動画にリスペクトを感じている。

 

実際にリーダーの歌や踊りは、ずば抜けていると思う。

 

ライブでも、すごくワクワクする。

 

リーダーのソロは圧巻だ。歌って踊る、すごい。ライブでもとっても楽しみにしている。もちろん、嵐のためにリーダーが振りつけた楽曲。5人での踊りも素晴らしい。個人的には、いつも元気いっぱいに踊る相葉さんが大好きだ。

 

5人それぞれのダンスには特徴がある。そして、それを信頼して振り付けをしているリーダーを知っている。何となく、感覚でわかっている。長年見てきたから、肌で感じる嵐だ。テレビの音楽番組できれいに踊る姿、ライブで自由に踊る姿、どれも大好きだ。

 

でも、どこがどうすごいのかと言葉にして伝えるということは素人には難しい。「なんか凄いのよね」だった。

 

それが、YouTubeのおかげで広く知れ渡り、共通認識に変わった。すげーな「嵐」って思う人がすごい勢いで増えたと思う。

 

嬉しいような、寂しいような、宝物を取り上げられたような不思議な気分だ。

 

映像はずっと残る。

 

たくさんの動画が私達の手元にはある。宝物は無くならない。

 
活動休止中も楽しみはたくさんある。大丈夫。リーダーはゆっくり休んでいい。

ライブツアー「untitled」の感想はこちら

京セラドーム嵐「untitled」ライブツアー大阪参戦記・はじめてのデジタルチケット