名探偵コナン「ゼロの執行人」感想 | 素敵なmono

名探偵コナン「ゼロの執行人」感想

ドローン

劇場版名探偵コナン第22作目「ゼロの執行人」

2018年4月13日公開

110分

原作:青山剛昌

監督:立川譲

脚本:櫻井武晴

主題歌:福山雅治

ゲスト声優:上戸彩、博多大吉

公安と一口にいっても3種類あるんだって!ややこしい。

今回の主人公は、安室さん。

東京サミットが行われる新しい施設「エッジ・オブ・オーシャン」での謎の爆破から始まる。

 

 

純黒のナイトメアの時のような、最新の設備を駆使した壮大な会場ができたてホヤホヤなのに危険にさらされてこなごなになる。

毎度毎度、大損害。

今回は、大掛かりな推理戦。

黒の組織の話は、全く進まず安室さんの疑惑が膨らむというはなし。

 

そして、小五郎のおっちゃんが犯人だと疑われちゃう。

どうしてか?

証拠がつぎつぎにハッケンされて、逮捕されちゃう。

 

どうも、公安が証拠をでっちあげているみたい。

安室さんが。

安室さんは、敵なのか?味方なのか?

公安って何を守っているの?

お決まりのカーチェイスもあるし、コナンの大活躍で日本の平和は守られる。

うそー、そんな馬鹿な?な展開もあるけど、近未来に起こりそうな事故も描かれていてちょっと怖いなあと思った。

コナンくんの映画は、GWには恒例でいいと思います。

時代の流れも感じるし、今回のラブはおっちゃんと妃先生。

子猫のごろーちゃんもかわいい。

 

日本の警察の組織にも触れて、ちょっと難しい。

けれど、刑事ドラマが好きな一部のファンには面白い展開なのではないでしょうか。

検察庁、警視庁、警察庁。

この組織が別物だっていうのが、ややこしいなあ、よくわからない。

 

意外な人が犯人で、完全にだまされました。

面白かったです。

 

安室さんはどこの公安なんだろう?と確認したくなる。

警察庁警備局警備企画課「ゼロ」所属です。

ちなみに安室さん、本名は降谷零さん。

黒の組織に潜入している公安でコードネームは「バーボン」。

灰原哀ちゃんこと「シェリー」の捜索が主な任務ですよね。

 

今回は黒の組織は全くのノータッチだったし、哀ちゃんとのからみもなし、じらすなあ。来年の映画でも動かなそうな気もします。

 

ラストに流れてくる、福山さんの歌詞に「零」「無」でどちらも「ゼロ」と歌っている。

福山さんもコナンくんを熟知しているのだと物語の最後に妙に関心した。

 

来年もコナンくんの映画予告がありました。

次は、キッドさまです!楽しみです。

 

寅さんのような位置にコナンくんがいるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください