「貴族探偵」【最終回】全ての謎があきらかに!切子さんの死の真相を掛けた「スピカの宴の犯人」は貴族探偵なの? | 素敵なmono

「貴族探偵」【最終回】全ての謎があきらかに!切子さんの死の真相を掛けた「スピカの宴の犯人」は貴族探偵なの?

星空

こんにちは、monoです。
ついに来てしまいました。相葉さんの貴族探偵も最終回。
来週からは、もう見られないのです。

いつも最終回を迎えると、どこか心に隙間ができたような感覚になります。

今日で、使用人さんたちの再現Vも見納め。
田中さんの捜査資料も見られないし、鼻さんのメチャクチャな捜査も見れない。
寂しいです。

さて、さて。
ギリの鈴木さんが解説する前回からのあらすじから、ドラマはスタートします!

前回のあらすじはこちら

最終回!

星空

高徳愛香(武井咲)が、高額で依頼されて探偵として招待された「スピカの宴」具同真希(矢作穂香)の誕生日パーティ。
届いた脅迫状「緒方修を殺した」事に動揺したのは、殺された具同弘基(桐山漣)といとこの国見奈和(佐藤めぐみ)

弘基と葉子(南沢奈央)が殴られて殺されている事を発見した愛香も殴られてしまった!

愛香を抱きかかえて連れ去ったのは、貴族探偵(相葉雅紀)だった。

愛香が目覚めると、貴族探偵が声をかける。
「脳には異常がないので休んでいるように」と言って具同家に戻ってしまうのでした。

愛香を襲った犯人が貴族探偵なんだろうか?
貴族探偵は犯人を知っているのか?
共犯なのか?

愛香を心配して、鼻形(生瀬勝久)もやってくる。
「貴族野郎に今回は愛香には捜査をさせるなって言われてる」って言うんです。
野郎呼ばわりしてる!

陰では強い鼻さんです。

犯人が昨夜の屋敷の中にいた人物で間違いないし、愛香を犯人のそばに置いておくのは得策ではないよね。
「あとで、捜査状況を教えてやるから」

この二人のコンビも良いです。鼻さんのいい加減ぶりに愛香も慣れましたね。

愛香は鼻さんに、真剣に伝えたのは、次の3点。
「貴族探偵も容疑者の一人として考えてください」
「弘基さんは貴族探偵のことを知っていたんです」
「貴族探偵の罪を暴く最初で最後のチャンスかも知れない」

相当、先入観もたせちゃってます。

そう言う目線で、捜査状況を見ちゃいますよね。

一年前の事故とスピカの宴

ジェットスキー
スピカ。春の大曲線、乙女座のα星。
真希が大好きな星座の星。

佳久と真希の父親が亡くなってから、真希の悲しみを和らげる為に「スピカの宴」を始めたのは弘基と奈和だった。
二人の母親は、幼い時に亡くなっていたので真希たちは兄と二人っきりになってしまっていた。
分家なので、真希たちの生活は本家に頼っていたようです。

昨年のスピカの宴での緒方の事故が、今回の事件につながっていると思われます。

緒方の事故の真相を知っていて、隠している弘基と奈和。
そして、緒方の恋人だった葉子。

この二人が被害者なのだから、緒方の事故が引き金になっているのだろう。

さっそく捜査状況を持って鼻さんが、愛香の部屋にやってきた!
そして、田中さんの捜査資料を愛香に渡しながら「使用人の3人の様子がおかしい」と話すのだった。

鼻いわく、使用人ズ(複数形)田中さん、佐藤さん、山本さん。

3人は、捜査しながら遠くを見ていました。
瞳が多くの事を語っています。
その目線の先は、彼らが信頼するあのお方でしょう。

そして、いつものテントでの3人の相談が開催されたのです。

「初めて推理を披露したときにまだ少年だった御前が言った」
「自分の信じる推理を述べるがゆえ、どんな事態が起ころうとも主である自分が全ての責任を取る」

「信じる推理を述べる」
「それこそが使用人の勤め」

推理のポイント

ボイスレコーダー

具同弘基の殺害時刻は、0時から1時のあいだ。
凶器は、部屋に置かれていた「しし座の彫刻」の台座。
部屋のテーブルでは、小切手が開かれた状態で置かれたままだった。

有岡葉子の殺害時刻は、1時から2時のあいだ。
凶器は、部屋に置かれていた「乙女座の彫刻」の台座。
血痕は、2つついていた。
一つは陽子、もう一つは愛香のものだった。

葉子は右肩を脱臼していた。
肩を掴まれたところを殴打され倒れた衝撃で脱臼したと思われる。

葉子の犯行は、2人で行われたと考えられる。

ちなみに殴打された愛香が発見されたのは、2時だった。

葉子のICレコーダーが発見され「弘基と奈和」の会話が録音されていた。
内容は、緒方の事故死の真相について「証拠がないからわかるはずない」というものだった。

部屋には争った形跡がない。
顔見知りの犯行。
屋敷の全員にアリバイはない。

犯行時刻は雨が降っていた。
テラスは星を眺める為に利用される。

レインコートが、棚に用意されていたが使用された形跡は無かった。

テラスから、陽子の部屋まで雨のしずくが続いていた。
葉子の部屋には、紅茶のカップが2客使用された痕跡がある。
葉巻の香りが残っていた。

灰皿にも水滴が付着していた。

部屋には指紋が一つも残されていなかった。

使用人ズの推理とネタバレ

葉巻

今回の推理は、愛香からではなく使用人ズから始まりました。
いつもと反対のパターンです。

使用人ズが推理を披露し、愛香がさらに推理をかぶせるのです。

使用人ズが間違った推理をわざとしたのか?
愛香に花を持たせようとしたの?

使用人ズが貴族探偵が殺人幇助の疑いがあると推理。

そして、愛香が真犯人を解き明かし貴族探偵を助けると言ういつもとは正反対です。

真犯人は、以外な人物。
一番やりそうでない人。

見事、愛香が事件の真相を解き明かし、
切子の死の真相を「約束どおり聞かせて」もらおうとしたのだけど、「真相などという雑事は貴族はしない」と言われてしまうのだ。

「えー」そう来るのか?

がっかりだよね。

でも、使用人ズがちゃんと愛香を守ってくれるんです。

山本さん、田中さん、佐藤さん。
素敵な3人に有能な鈴木さんが加わって、愛香はずっと守られていた事を知ります。

愛香がいつものように探偵事務所で切子と独り言のつもりで話をしていたが、ワインに口紅が残っていることに気づく。

「あれ?師匠!待ってください!」

そこに現れたのは、使用人ズです。

「真相を解き明かすのは使用人の務めです」

切子が香港海運に依頼されて不正を暴いた相手が「政宗是正」
「やばい人物として有名な政宗是正」の事を貴族探偵も知っていたのだ。

政宗から命を狙われるようになってしまった切子は、貴族探偵に「自分を殺して欲しい」と頼んだのだ。

「本当には殺さないでね」

「愛香にも魔の手が及ばないように、死んでしまった事にしたかったのだ」

「美しい女性の頼みを聞くのが貴族のたしなみ」なので、「確実に殺し」「愛香の守る」事になったのだ。

切子は、事務所の隣の部屋で「壁ドン!」していたのだった。

今回の再現Vは、切子と貴族探偵の密談の模様でした。
そして、Vには依子と鼻形がゲスト出演してました!

このあたりは、お遊びですね。

本当にクランクアップの花束を持った依子さんかな?

本当にサプライズで登場だったのかもですね。
愛香が涙ぐんでました。

撮影は直前までしていたと、目覚ましテレビで相葉さんが話してました。
出来たてのほやほやの映像だったのかも知れませんね!

感想まとめ

イタリア

切子さんが生きていて良かった。

女性に優しいはずの貴族探偵が、なぜ愛香に厳しいのかはやはりわざとでしたね。

「女探偵さん」から「探偵さん」と呼び名が変わった瞬間の愛香の表情は、良かったですね。

二人がアバンチュールに興じるとは!
最後は、サービスショットかと思いきや鼻さんのお笑いで幕を閉じました!

田中さんの「出過ぎた真似を」もくせになりましたし、使用人の方々が素敵すぎて楽しいドラマだったと思います。

推理も奇想天外、裏の裏を読むとかミステリーの要素もたっぷり。
貴族という非日常の世界観と非日常の事件背景と舞台も楽しめれば良しでしょう!

イタリアに行った切子さんが、暇つぶしに探偵するかもしれませんね。

それでは、
「チャオ!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください