綾野剛「コウノドリ」第2シーズンスタート!キャスト紹介と第1話あらすじ | 素敵なmono

綾野剛「コウノドリ」第2シーズンスタート!キャスト紹介と第1話あらすじ

赤ちゃん

こんにちは、monoです。

2015年に放映され好評だった綾野剛さんのドラマ「コウノドリ」が帰ってきます!
2017年10月13日(金)スタート!

2年ぶりに「コウノドリ」が再び連続ドラマとして帰ってきます!
週間「モーニング」で連載中の鈴ノ木ユウさん原作の周産期医療の命の感動のドラマです。

綾野剛さんが今までのイメージを覆し、素晴らしい演技で一気にファンを獲得したドラマとして記憶に新しいです。
そして、そして、今をときめくあの「星野源さん」がライバル医師としてでてましたよね!

本当に豪華な共演陣です。
とっても楽しみです!

ドラマが終わってすぐに第2シーズンの話が決まったそうです。
あのドラマから、2年後の時間の流れがそのまま描かれるそうです。

周産期医療の現場

当時研修医だった下屋加代役の松岡茉優も順調にドラマ出演していますし、吉田羊さんも登場してくれるみたいで嬉しいです。

松岡茉優と同期の新人医師役の坂口健太郎さんの二人の2年の成長ぶりも描かれるに違いありません。

ペルソナ総合医療センターでは、日々命のドラマが刻まれています。

いろんな夫婦、家族がそれぞれの人間ドラマを魅せてくれる感動のドラマでした。

期待しかありませんね!

今回のテーマが、生まれること、そして生きること。

「どんな命も意味のない命なんかない。生まれてこなかった方が良かった命なんか無い」というものだそうです。

綾野剛さんのコウノドリ先生はとても優しくて強い。

いい仲間である四宮先生も冷静で寡黙で強く優しい。

この二人の対比も良かったですよね。

正反対に見える二人ですが、信頼関係で結ばれているいい仲間でした。

他の出演者の方たちの情報は、以下の通りです。
個人的には山口紗弥加さんが大好きなので、何かのタイミングで出てきてくれたら嬉しいです。

キャスト紹介


綾野剛・・・鴻鳥サクラ(産婦人科医)謎のピアニストBABY

星野源・・・四宮春樹(サクラと同期の産婦人科医)

松岡茉優・・・下屋加江(研修医も2年経ちました!)

坂口健太郎・・・白川領(下屋と同期の小児科医)

大森南朋・・・今橋貴之(産婦人科医局長)

吉田羊・・・小松留美子(助産師)

過去に出演された患者さんも登場するのでしょうか?
当時、綾野剛さんのためにゲスト出演した小栗旬さんは自身のお子さんとの共演か?と言われていましたね。

実際のところは分かりませんが、旬さんととても似ている赤ちゃんでした。
2年たって成長した様子も見せてもらえたらうれしいです。

パパぶりも見てみたいですね。
特に情報がないので、残念ながら今回は登場しないのかもしれませんね。

吉田羊さんは、最近ドラマではお見かけしなくなっていたので、嬉しいです。

追加キャスト

佐々木蔵之介・・・荻島勝秀

サクラの新人医師の頃の恩師。
今は、離島の医師として働いている。

古畑星夏・・・麻生理佐子

ペルソナ総合医療センターNICU(新生児集中治療室)の4年目のナース。

佐々木蔵之介さんの暖かい離島の医師役、ぴったりだと思います。

離島の病院とペルソナ総合医療センターがどう関わっていくのか?
サクラとの関係も注目です!

そして、新しいフレッシュなナースも登場します。

新人医師だった下屋や白川も成長して、立派になったのか?
2年後の仲間も新たな生命の物語も、楽しみですよ。

第1話ゲスト

早見マナ役に志田未来さんが発表されました!

24歳にして、2度目の出産!
と言われていますが、14歳の母も10年経ちました。

あの時生まれた子供は、小学4年生でしょうか。

月日の経つのは早いですね。

志田未来さんは、泣き顔もチャーミングですよね。

可愛い顔も、不細工な顔も出来る器用な女優さんです。

第1話にふさわしいゲストで、話題性バッチリです。

第1話あらすじ

サクラは恩師荻島(佐々木蔵之介)が勤務する離島の病院を訪ねる。

離島での患者と医師との親しいふれあいを心に感じるものを得て、ペルソナ総合医療センターに戻ってくる。
何か、あったのでしょうか?

ペルソナ総合医療センターに何か動きがあるのかも知れませんね。

今回は、二人の母親の出産が描かれるようです。

一人目は、サクラが担当する耳の不自由な母親・早見マナ。
もう一人は、四宮が担当する、キャリアウーマンの佐野彩加。

早見マナの夫、健治もまた耳が不自由なため、診察の意思疎通にホワイトボードを利用する。

キャリアウーマンの彩加は、出産後早く仕事に復帰したいという希望を持っていた。
四宮が診察した彩加のお腹の中の映像から、胎児に重大な疾患を発見する。

心臓に小さな穴が開く「心室中隔欠損」のおそれがあるという。

彩加は、激しく動揺する。

早く仕事に復帰したい気持ち、子供が病気を抱えて生まれてくる事。

とても、不安だ。

どうしたらいいのかわからない。

命の物語を暖かく導いてくれると思いながらも、心が痛いなあ。
生きているといろんな状況に遭遇する。

ドラマだけど、いつも自分の事のように思ってみてしまう。

とても悩む。

そんな時に、寄り添ってくれるだろう頼もしい医師がいるのだと感謝しながら見ていきたい。

命の物語に感動

一話完結で人間ドラマを魅せてくれる展開も大きなテーマ
「生きる」を流れの中から伝えてくれるのだろうという期待もあります。

綾野剛さんの中で生き続けてきたコウノドリ先生を観れるのが、何よりも楽しみです。

1話の放送まで、楽しみにしています。

2年の年月を感じさせない、綾野剛さんの鴻鳥サクラにもうすぐ会えますね!

2015年の感想はこちらです。

親子コウノドリ、綾野剛の優しい顔をはじめてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください